加盟団体一覧

空手道連盟

会長 関 屋 嘉 治 事務局 植 田 博 文

活動方針

■空手道の健全なる普及・発展を目指す。
 ・登録団体の拡大 ・市、地区大会の充実 ・県の各大会出場
■会員相互の技術向上と親睦を図る
 ・指導者の育成 ・合同練習会 ・定例役員会

協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人 140 20 0 18 15
団体 5 5 1 1 2
・連盟に加入している団体は、すべて(財)全日本空手道連盟にも加盟し、いわゆる「寸止め」のルールで競技しています。組手試合における、スピード感、タイミング、技の極め等、日々鍛錬しています。また、形(かた)試合においては、優美さ、力強さ、気迫、安定感等、素人の方が見られても、惚れ惚れするものがあります。初心者の小さな子ども達が演武する形も、かわいらしいです。
・指導者も福岡県空手道連盟の役員であったり、審判、コーチ、指導員の資格を持っていたりで、各自研鑽になお励んでいます。
・宗像市内で空手道を学び、高校や大学に進学し、選手として活躍している子もいます。中には国体選手や全日本の選手として選ばれる生徒・学生もいます。
                                         
                                                                                               ▲Page Topへ                                          


陸上競技協会

会長花 田 秀 樹 事務局松 島 文 

活動方針

1.新入会員の加入促進と指導者の育成。
2.小・中学生を対象に記録会・陸上教室を実施し、基礎体力・競技力・マナーの向上を図る。

協会の紹介(PR)
競技人口小学生中学生高校生大学生一般
個人501008050100
団体26214
陸上競技協会は、小・中学生の記録会、子ども駅伝大会運営の他、県民体育大会(秋季大会・冬季大会の福岡駅伝)への参加また、地元で開催されるプリンセス駅伝(全日本実業団女子駅伝予選会)のお手伝いも行っいます。
今後とも、関係団体と連携・協力し、宗像市のまちづくりに貢献します。
                                                                                                ▲Page Topへ  
                                           

卓球協会

会長大 羽 さ と み 事務局高 山 優 徳

活動方針

各種大会及び卓球教室・講習会等により卓球の普及推進を図る。
特に青少年の育成及びシニア層の生涯スポーツとしての普及推進に力を入れる。
②近隣市町村との交流により、親睦と併せて卓球技術の向上を図る。
③ラ一ジボールの競技人口の促進を図る。

協会の紹介(PR)
競技人口
中学生以下 高校生 大学生 一般
個人070400891
団体0120099
小学生から高齢者まで無理せず楽しめる生涯スポーツの一つであります。当協会では、年間に13大会を開催しております。また、初心者の方には、講習会を開催しております。これから始めようと思っている方、経験者の方の参加をお待ちしております。
詳しい事は、宗像市卓球協会の公式ホームページをご覧ください。 
                                                                                             
                                                                                                ▲Page Topへ   


グラウンド・ゴルフ協会

会長加 藤 友 近 事務局高 橋 繁 利 

活動方針

1.加盟団体の会員増強
2.組織の充実と互助意識の向上
3.会員個々のグラウンド・ゴルフを通じての健康維持促進

協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人



287
団体



26

 生涯スポーツの意義が「誰もが生涯の各時期にわたって、それぞれの体力や年齢、目的に応じて、いつでも、どこでも、主体的にスポーツに親しむ」であることからすれば、グラウンド・ゴルフは生涯スポーツを振興して行く上で最適のスポーツと言えます。
▽グラウンド・ゴルフとは
ゴルフをアレンジしたスポーツで1982年、文部省の生涯スポーツ推進事業の一つとして誕生したものです。
▽グラウンド・ゴルフの特徴
「身近にある広場や公園や学校のグラウンドなどで楽しめるスポーツ」という名前の由来のように手軽にできるスポーツです。クラブでボールを打ち、ボールがホールポストに静止するまでの打数を数えるゲームです。
誰にでも勝つチャンスがあり、初心者ほど多くのプレーをする機会があります。
▽ゲームの特性
グラウンド・ゴルフは誰もが、いつでも、どこでも、いつまでもできるという楽しいゲームの特性をすべて備わっています
○準備は簡単:ゴルフのような穴を掘る必要はなく、スタートマットとホールポストを設置するだけで準備完了です
○ルールは簡単:他のスポーツに比べて、ルールがきわめて簡単で一度プレーすれば覚えられます。                                  
○高度な技術がなくてもできる:ゲームを楽しむためには必ずしも高度な技術を必要としません。子どもから高齢者まですべての人が楽しくプレーすることが出来ます。
したがって、グラウンド・ゴルフはファミリースポーツとして楽しむ条件を備えたスポーツです。 
           

ゲートボール協会

会長仮 屋 春 俊 事務局植  盈 夫

活動方針

みんなで行う3ろう運動
①みんなでやろう・・・ゲートボールは仲間づくり  
②たのしくやろう・・・ゲートボールは生きがいづくり
③マナーを守ろう・・・ゲートボールは健康づくり


協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人



75
団体



10

 ゲートボールは、年少者から高齢者までどなたでも語らいながら和気あいあい無理せず出来るスポーツです。
 当協会は年間20回以上の大会を企画し、なかでもお孫さんを含めた市民三世代交流大会を催して好評を得ています。
激しい運動は要らないので、健康維持のため
いつもの生活パターンから飛び出して是非一度参加してみませんか。

ソフトテニス協会

会長川 浪 一 洋 事務局藤 川 忠 夫

活動方針

・会員の加入を促進しソフトテニス人口を増やす○男性会員の加入を促進する。

協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人51101265
団体



2

 ソフトテニスは、子どもから年寄りまで楽しめるスポーツです。その球が軟らかい故に難しい技術も要求され、奥深い試合運びを味わう事が出来ます。
 市民体育館奥の中央公園テニスコートや日の里4号公園テニスコートをホームグラウンドとして活動しています。
小学生3年生以上のジュニアソフトテニス教室は、20名の募集に対して、今年は51名の申し込みを受付しています。
 最近、若い世代の会員が増え、特に男子の会員が増えました。
当協会は常に会員を募集しています。経験の有無を問わず、会員になられる方は連絡してください。


バレーボール協会

会長大 庭 順 一 事務局許 斐 智 恵 美

活動方針

○ バレーボール協会、ソフトバレーボール連盟・小学生部会の組織の充実
及び中学校バレーボールの支援
○ バレーボール、ソフトバレーボールの普及・振興
○ バレーボール協会、ソフトバレーボール連盟加盟チームの強化
○ 審判の技術向上


協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人60


180
団体6


17
 宗像市バレーボール協会には、ママさんチーム10チーム、ソフトバレーボールチーム10チーム、小学生チーム6チームが登録しています。
 今年度は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、4月から6月に開催予定していた、地域交流9人制バレーボール大会・中学生女子春季大会、ママさんリーグ戦大会を中止しました。 7月以降の小学生大会(6人制)〔夏季・秋季・鍋山杯〕、中学生大会(6人制)〔秋季〕、ママさん大会(9人制)〔市民選手協会杯・鍋山杯〕を無事に開催できることを祈るばかりです。昨年9月開催の福岡県県民大会では、青年男子が準優勝・一般男子の部が3位、壮年女子の部が優勝、一般女子の部が準優勝という輝かしい成績をのこすことが出来ました。今年度は、宗像市が青年男子(市民体育館)・青年女子(中央中体育館)の会場となりますので、多くの市民の皆様に青年男子の応援をお願いいたします。また、ソフトバレーボール連盟には、7チームが登録し、年間5大会〔親善交流・連盟杯・秋季・地域交流・春季〕を開催し、ソフトバレーボールの普及・振興に取り組んでいますが、5月開催の親善大会は中止しました。今年も各大会に多数の愛好者が参加し熱戦を繰り広げてくれることを期待します。ここ数年、チーム数・競技者人口の減少が大きな課題となっていますが、一人でも多くの市民の皆様が、バレーボールやソフトバレーボールを楽しんでいただけるよう、鋭意、努力をしていく所存です。ママさんチーム・小学生チーム・ソフトバレーボールチームは皆様の加入を心からお待ちしております。     

テニス協会

会長重 松 年 春 事務局佐 藤 健 二
活動方針
1.初心者層拡大及びレベルの向上
  ○教室の開催によるテニス人口の拡大
  ○技術講習会によるレベルの向上
  ○夏休みキッズテニス講習会による底辺の拡大
2.協会組織の強化
  ○クラブ活動のサポートとクラブ間交流の促進
  ○各テニス大会の更なる充実を図る
  ○協会理事メンバーも若干名の若返りを図り、新風を入れながら組織を維持継続していく

協会の紹介(PR)

競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人



173
団体



6

現在、市内において体育協会に加入し、テニス活動している以下の6つのクラブがあります。
①宗像テニスクラブ(会員37名) ②日の里グリーンテニスクラブ(会員47名)
③自由ヶ丘テニスクラブ(会員32名) ④明天寺テニスクラブ(会員22名)
⑤城西テニスクラブ(会員21名) ⑥クリエイトテニスクラブ(会員14名)
それぞれのクラブは、所定のコートで定期的に練習やゲームを行い、みんなで楽しくやっています。
皆さんの中で、定期的にテニスの練習やゲームがしたいなーと思っている方は、是非上記のクラブを尋ねてみてください。きっと自分に合った雰囲気のクラブが見つかると思います。
その他にも各種テニス大会(①混合ダブルス、②市長杯ダブルス、③福津市親善ダブルス、④会長杯大会、⑤市長杯シングルス、⑥クラブ対抗戦)を開催しなかなか盛況です。
また、春・秋の2回行っている初心者教室・技術講習会等で皆さんのテニス上達に寄与しています。
皆さん今後は、健康増進、ストレス解消、仲間づくり、刺激もとめ、美味しいビール、男女交流、集中力育成、勝負術鍛錬などに役立つテニスをやり始めてはいかがですか?
クラブは皆さんとの出会いを楽しみにいていますので遠慮なく各クラブを訪問してくださいませ(^^)

★汗をかきましょう!
➡新陳代謝を円滑に!
➡若さを保ち成人病を抑制する秘訣が”テニス”です。

軟式野球連盟

会長平  泰 勇 事務局梶 谷 善 孝

活動方針

1.マナーの向上
2.学童・中学生の健全な育成
3.審判員の養成、及び技術の向上


協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人180100

250
団体10
6

15

 春・秋の年2回、福津市軟式野球連盟と合同で大会を開催しています。(令和2年度はコロナウィルス感染症防止のため春季大会の一般の部及び中学生の部は中止、学童の部は無期延期に決定しています。)この大会は、アマチュアスポーツとしての軟式野球という競技を通して、体力の向上や健康の維持向上とスポーツ精神を養うとともに、青少年の健全育成を図る事を目的に開催しています。また、審判員の技術の向上を目的に、専門講師による講義と実技指導を年3回開催しています。

ソフトボール協会

会長塚 原 美 範 事務局城 野 国 広

活動方針

①ソフトボールを通じて市民相互の融和と心身の健全を図る。
②市民スポーツとしての融和と発展を目指す。
③青少年の健全な育成を図る。


協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人




団体
3


30

ソフトボール協会は、昭和52年に発足し現在にいたっております。
現在、一般男子とM・A(40歳以上)の30チームと市内の 中学校の女子ソフトチームが3校登録をされております。一般男子、M・A、中学女子の大会をそれぞれ、春・秋に実施しております。
興味のある方の参加をお待ちしております。

バスケットボール協会

会長石 橋 千 宜 事務局森  秀 人

活動方針

・組織の強化拡充を図る。
・選手の育成、強化を図ると共に、指導者の技術、資質向上並びに、新しい指導者の育成を図る。
・近隣市町村との関係を深め、選手、指導者の意欲を高める。

協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人330410
200
5070
団体16
14
4
14

宗像におけるバスケットボールの歴史は古く、福岡県内のミニバスケットボールの発祥の地ともいわれます。
今では毎年1月に開催される「とびうめ杯ミニバスケットボール大会」には県内外から400チーム余りが参加し、保護者、選手を合わせると1万人近くが宗像に集まる県内でも一番大きな大会となりました。また、ミニバスケットだけでなく、最近はママさんやシニアのクラブもでき、競技者の年齢層も大きく広がりました。

バトミントン協会

会長元 岡 鋼 基 事務局石 隈 弘 子

活動方針

・生涯スポーツとしてのバドミントンの普及及び技術向上
・小中学生の健全な育成と強化


協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人5053020169
団体2
1111

宗像市バドミントン協会は、16の団体登録クラブがあり、小学生から80歳代まで幅広い年齢層が活動しています。特に、レディースの会員数が最も多く、中心となっています。
会員は高齢化が進んでいますが、年齢に応じて楽しめるスポーツです。主な事業は、ジュニア教室(土曜日午後)、初心者教室(水曜日午前・木曜日夜間)を開催しています。また、2月に開催している宗像オープン大会は、団体戦で、近郊都市から多数の参加があり、協会単独の事業として確立しています。他に、外部から講師を招いて、技術講習会を年2回行っています。
バドミントンは思ったよりハードなスポーツです!少しでも若い年齢から始めてみませんか?興味のある方、初心者教室でお待ちしています。


サッカー協会

会長平 間 照 康 事務局高 山 正 利

活動方針

・サッカーの普及・発展に努めるとともに、協会の充実を図る。
・サッカーを通して、心身の鍛練と健康増進を図り、人づくり・地域づくりに貢献する。
・指導体制の確立を図り、指導者を養成すると共に、マナーや技術の向上に努める。
・国際サッカー大会や金海市との交流と通じて、サッカー技術や情報交換などにより国際交流を推進する。


協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人300
245
105
50
80
団体9
8
2
1
4

剣道連盟

会長為 國 昭 夫 事務局的 野 仁 視

活動方針

一.小中学生に対し、剣道を正しく真剣に学び、心身を練磨し、礼節を尊ぶことを指導育成する。
二.指導者に対し講習会を開き・剣道の理念に基づき剣技を修練して向上を図り、合わせて会員相互の親睦を図る。

協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人10080

50
団体10
7

17

市内の小学校体育館に開設している少年剣道教室の指導者等の会員で構成している本連盟は、指導者に対する実技講習会や小・中学生を対象とした春・秋の少年剣道大会を開催している。少年剣道教室では、小・中学生に剣道の指導を行うとともに、剣道を通じて青少年の健全育成に貢献している。
また、指導者は互いに稽古することにより、自己を修練(精神を修養、身体を鍛錬)し、人間形成を図ることに努めている。

フォークダンス協会

会長日 野 洋 治 事務局阪 本 和 代

活動方針

・レクリエーションとしてのフォークダンスの普及、振興
・会員の充実
・指導者の育成、ならびに各サークルの育成指導
・外国講師よりの指導、及び交流


協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人



80
団体



8


 宗像地区にフォークダンスクラブが発足して38年、宗像市フォークダンス協会となって31年を迎えます。
 世界中の踊りを主に、初級・中級・後期高齢者の愛好者が心身の健康維持を目指して楽しく踊っています。
 活動は各地区の公民館において週1回の頻度で行っています。
 さらに協会としては、年4回のフォークダンス講習会やFD交流会・周年記念大会を宗像市民体育館や勤労者体育センターを利用して行なっています。
 運動不足の方、リズムにのって身体を動かし、脳を活性化して若さを保つためにフォークダンスを踊ってみませんか。
 尚、フォークダンスは高齢者ばかりの踊りではありません。どうぞお若い方もフォークダンスを勉強されて、よき指導者を目指しフォークダンスを伝承してください。

弓道連盟

会長梅 田 哲 弘  事務局吉 田 輝 男

活動方針

・弓道の理念(①射法・射技の研修②礼に即した体配の修練③射品射格の向上④人間完成の必要)に基づき、会員の技術向上、至誠・礼節の尊重、精神面の錬冶、人格の向上に重きをおき、 会員相互の親睦を図る。

・弓道の普及振興,武道精神の涵養及び社会文化の発展に寄与する。

協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人

50
30100
団体

1
1


宗像市弓道連盟は、昭和57年に発足し、今年で38年になります。宗像市弓道場は吉武の八所宮境内にあり、現在100名程の会員がいます。
 活動内容は、宗像市弓道大会を10月第2日曜日に宗像市スポーツ協会の主催で行っています。令和元年度大会は、福岡県内から135名程の弓道愛好家が参加して友好的な盛会となりました。この大会で、宗像市弓道連盟は、団体戦で準優勝、個人戦で上位入賞する活躍をしました。また、福岡地区及び福岡県主催の各弓道大会では、上位入賞する活躍をしました。道場内では、毎月第2土曜日に月例会、最終土曜日に講習会を行い、会員の技術の錬磨、射品・射格の向上を目標に修練し、会員相互の親睦も図っています。また、毎年5月から高校生以上の市民を対象にした弓道初心者教室(計10回)を行っています。
▲Page Topへ

柔道協会

会長西 宮 裕 二 事務局大 賀 圭 二

活動方針

○柔道の普及・発展の為の活動
○柔道を通して青少年健全育成
○昇段試験受験者を増やし、有段者を増加させる
○指導員及び審判ライセンス取得者の育成
○大会、講習会、体験教室による柔道の普及活動


協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人3116

35
団体1
2

1

オリンピック種目で、日本が生んだ格闘技であり、スポーツである。
「柔道」の普及と発展のため活動しております。
少年柔道教室、及び指導者・審判講習会、また4回の少年大会も行います。
中学2年生以上であれば初心者の方でも黒帯になるお手伝いをします。
最近では、親子で参加され、柔道を通して絆を深められる方も増えています。
「柔道」の普及により宗像市民の心身の発展の基盤になっていく事を願って
活動していきます。

水泳協会

会長春 岡 杜史子 事務局曽 宮 哲 也

活動方針

・低学年への育成(競技人口の増加)
・生涯(水泳)スポーツとしての普及活動
・高齢者への健康増進の為の水中運動の指導と、更に生きがいを育む取り組みをサポート

協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人26720
23
15
14
団体1
1
1
3
4

・宗像市の高齢者の方々に気軽に取組める水中運動を普及し楽しいライフワークを送っていただけるよう取組んで行きたい。
・オリンピックからマスターズ選手権(大人の大会)多くの選手育成をしてまいりました。
・近年、ジュニアオリンピックにも優秀な成績を修めてまいりました 。
・県大会への上位入賞(団体)を目標といたします。


マリンスポーツ協会

会長北 條 大 助 事務局北 條 大 助

活動方針

・マリンスポーツの振興、青少年の健全育成、海岸周辺環境の保全・及び、地域住民と相互理解を図り、安全・安心かつ円滑な地域づくりを行い、地域の活性化に寄与することを目的とし、下記に平成26年度における重点目標を示します。
①マリンスポーツの普及浸透
②マリンスポーツに親しめる環境づくり
③マリンスポーツの振興のため、組織の強力拡充
④マリンスポーツ指導員の育成、強化
⑤マリンスポーツ指導員の技術、資質向上
・組織強化拡充を図る。

協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人10

230
団体1


3

マリンスポーツ協会は平成25年度に「ライフセービングクラブ」「B&G指導者会」「津屋崎海洋クラブ」が3つの団体が集まりマリンスポーツ協会を設立しました。日頃は3つの団体がそれぞれに活動を行っています。ライフセービングクラブは、6月末から9月上旬まで釣川「北斗の水くみ海浜公園」を拠点に海の安全監視を行っています。「B&G指導員会」は小学校のクラブ活動などでカヌーの指導、ヨットの指導、ロープワークを行っています。「津屋崎海洋クラブ」は勝浦漁港を拠点にヨット活動を行っています。また、7月末に開催されるマリンフェスタで3つの団体が協力し、マリンスポーツ協会として多くの市民に宗像の海の素晴らしさをアピールしています。
また平成27年に勝浦浜海洋スポーツセンターがオープンし、そこで毎年市内小学生の海洋性スポーツ体験学習が開催されるようになりました。協会指導員もスタッフとして参加しマリンスポーツの普及に努めています。

バウンドテニス協会

会長渡 邊 郁 夫 事務局 守 田 正 昭
活動方針
・クラブ会員の相互研鑚と親睦
・新会員の加入推進増加

協会の紹介(PR)
競技人口 小学生 中学生 高校生 大学生 一般
個人11

77
団体



5
 
バウンドテニスは、室内でプレーでき、晴天、曇天、雨天に関係なく楽しめます。テニスの基本が身につき、その醍醐味は半端なものではありません。宗像市バウンドテニス協会は、仲間になってくれる皆様をお待ちしております。

1.”いつでも、どこでも、誰でも”出来る生涯スポーツ
2.テニスコートの1/6のスペースで出来る。
3.小学生から出来るほど入りやすく、しかも技術的に奥行きが深いので飽きる事がない。
4.競技性を持ち合わせたシングルス、ダブルスに加えレクレ―ションとして、多人数で楽しめるチーム対抗の「BTラリー戦」もある。
https://youtu.be/G7jwAx4V_UU

                          ▲Page Topへ

ノルディック・ウォーク協会

会長坂 元  博 
事務局 末 永 昭 人

活動方針

①定例教室及び指導員養成講習会の実施
②「ノルディック・ウォーク」コース整備に向けての調査研究
③「歩育」事業の調査研究
④ホームページ作成準備
協会の紹介(PR)
競技人口小学生中学生高校生大学生一般
個人



100
団体



1
 
1.人と競うことなく、よりよく生きられるようにノルディック・ウォークを行っています。
2.有意味感を持ち、生活習慣病の予防に関する教室を実施しています。
3.高齢者の身体的活動量が多くなるような教室を実施しています。
4.幼稚園保育園の歩育に関する調査研究を行っていきます。
5.バスツアーを企画し、いろいろな場所でのノルディック・ウォークを行っています。
6.おいしい食事をするためにノルディック・ウォークしましょう。


▲Page Topへ

Copyright(c)    一般社団法人 宗像市スポーツ協会   All Rights Reserved.