体育協会について

平成29年度 活動方針

 本協会は、「一般社団法人宗像市体育協会スポーツ推進ビジョン」に沿って活動を進めていくとともに、関係機関と連携して「市民のスポーツライフ」の充実と豊かで活力ある生活の実現に向けた諸事業を実施する。

 (目標)

1. 子どもから、高齢者まで市民の誰もがそれぞれに応じて主体的スポーツ活動を行う。「スポーツ社会の実現」に努める。

2. ジュニア層のスポーツへの関心を高め技術の習得や講習会、大会の開催を通じて「会員の拡充と単位協会の組織の充実」に努める。

3. スポーツマンの養成と技術力の向上に努める

4. スポーツ指導員の養成やスポーツ情報の提供及び財源の確保に努める。

 

(目標達成のための事業)
⑴ 体育協会の組織の強化を図る

・単位協会の育成と連携交流を図る。

・会員の拡大とスポーツを通じて会員相互の一体感を醸成する。

・競技力・技術力のレベルアップを目指す。


⑵ 
各教室を開催し、スポーツの普及発展に努める

・スポーツ健康教室等を開催し、市民に参加を呼びかける。

・スポーツ指導員の登録制を推進、実施し指導体制を整備する。

・総合型地域スポーツクラブの実現に努める。

 
⑶ スポーツ団体の育成と指導員の技術向上を図る

・未加入の各種スポーツ団体の育成を促進する。

・各種スポーツの指導者講習会を開催する。

・上位団体が開催する講習会、研修会に積極的に参加する。

・障がい者スポーツ団体との連帯をはかるための、調査研究をすすめる。

 
⑷ 市民に対してのスポーツ情報提供及び広報の活動を強化する。

・本協会ホームページを活用し、協会の計画・行事を広く市民に知らせる。

・気軽に参加できるニュースポーツ教室を地域と開催するなど普及に努める。

・宗像地区で開催される「全日本実業団対抗女子駅伝競走大会予選会」をサポートする。

 
⑸ 国内外の関係団体との交流、親善を図る

・福津市体育協会との連携、交流を図る。

・韓国金海市体育協会との交流を促進する。

・民間団体との交流推進に努める。

 
⑹ スポーツ施設環境整備に努める。

 ・老朽化がすすんでいるスポーツ施設の改修を要望していく。

 ・市のスポーツ施設の一元管理の実現(利用者の利便性の改善)

 
⑺ 活動方針目標達成のむけ、財源確保に必要な収益事業を実施していく。

宗像市体育協会理事名簿

     役員名        氏名


名誉会長



会     長



副 会 長



事務局長



監    事




委 員 長



 
  山 田 勝 智



  吉 武 邦 彦


 
  寺 尾 美恵子


 
  伊 藤 繁 治


 
  元 岡 朋 人
    平     泰 勇


 
  北 﨑 正 則
  釜 瀬     計




単位協会役員名簿

協会名 会長 体協委員 事務局長
ソフトテニス 川浪 一洋 事業 川浪 一洋 藤川 忠夫
バドミントン 山田 喜代子 事業 元岡 鋼基 石隈 弘子
バスケットボール 中岡 政剛 事業 今古賀 徹 森 秀人
軟式野球 平  泰勇 事業 梶谷 善孝 梶谷 善孝
サッカー 釜瀬  計 事業 牛島 昌哉 高山 正利
テニス 重松 年春 事業 重松 年春 倉本 一夫
弓道 早瀬  浩 総務 早瀬 浩 梅田 哲弘
剣道 吉武  宏 事業 保木本 修治 的野 仁視
バレーボール 大庭 順一 総務 許斐 直治 許斐 智恵美
ソフトボール 塚原 美範 総務 塚原 美範 城野 国広
フォークダンス 日野 洋治 総務 日野 洋治 阪本 和代
水泳 春岡 杜史子 総務 曽宮 哲也 曽宮 哲也
卓球 山口 政文 総務 高山 優徳 高山 優德
ゲートボール 花田 眞利 総務 花田 眞利 植 盈夫
陸上競技 花田 秀樹 事業 花田 秀樹 今津 理恵
空手道 関屋 嘉治 総務 向井 慎矢 植田 博文
 グラウンド・ ゴルフ 加藤 友近 事業 中村 常次郎 有村 政美
バウンドテニス 小西 昭徳 総務  林  一敏  吉田 静代
柔道 西宮 裕二 総務 中村 栄一 大賀 圭二
マリンスポーツ 北條 大助 事業 北條 大助 北條 大助


沿革

昭和56年に宗像市体育協会として発足し、平成25年には法人化を進め一般社団法人宗像市体育協会として設立しました。

体協が目指すスポーツ像・ビジョン

Copyright(c)    一般社団法人 宗像市体育協会   All Rights Reserved.